日本映画

映画

映画『Fukushima50』キャスト・実在人物と真実・批判と評価・配信

東日本を襲った大地震と巨大津波がもたらした福島第一原発の大事故。未曾有の危機に立ち向かった現場の人々の姿を描いた映画が『Fukushima 50』です。映画のあらすじやキャスト、評価などにくわえ、映画を観る上で知っておきたい5つの事実をご紹介。
ドラマ

浪花千栄子の生涯・夫・父・家族・代表作【おちょやんのモデル】

NHK連続テレビ小説『おちょやん』。杉咲花演じるヒロイン・竹井千代のモデルとなっている女優・浪花千栄子について、生い立ちや生涯、父や弟ら家族、夫、キャリア、おすすめの代表的作品など詳しくご紹介します。
映画

『にっぽん昆虫記』あらすじ・キャスト・5つの見どころ解説【ネタバレ】

巨匠・今村昌平の代表作の一つであり、左幸子がたくましく生きるヒロインを見事に演じた傑作『にっぽん昆虫記』。あらすじや主要登場人物の紹介にくわえ、5つの ポイントから見どころを解説します。
スポンサーリンク
映画

【透明人間・電送人間・ガス人間・液体人間】特撮怪奇邦画8作紹介

『ゴジラ』と並行して東宝が放った特撮映画『透明人間』。その後、相次いで公開された「変身人間シリーズ」3部作や大映作品まで、一連のシリーズの成り立ち、あらすじ、キャスト、見どころポイントなどをわかりやすくご紹介します!
映画

映画『赤い殺意』の解説・あらすじ・キャスト詳細!【ネタバレあり】

カンヌ映画祭でパルム・ドールを二度受賞した巨匠・今村昌平。代表作の一つであり、日本映画史に残る傑作として名高い1964年の『赤い殺意』について、キャストやネタバレありのあらすじ、その他作品をより深く知るための情報をまとめてみました。
映画

今村昌平のおすすめ名作7選【『赤い殺意』『にっぽん昆虫記』『うなぎ』他】

日本映画を代表する巨匠の一人が今村昌平です。『楢山節考』と『うなぎ』により、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを2度受賞。2度の快挙は世界でも8人、日本人では今村しかいません。ここでは、そんな今村昌平のおすすめの名作を7作品厳選しご紹介したいと思います。
映画

日活ロマンポルノの名作おすすめ10選【R15で映画ファン必見!】

70年代から80年代にかけて量産された日活ロマンポルノ。ピンク映画やアダルトビデオとは違い、権威ある映画賞に輝いたり、日本映画史に残る傑作と認められた作品も少なくありません。そんな日活ロマンポルノの名作を10作ご紹介!映画ファン必見のおすすめ作品ばかりです。
映画

映画『一条さゆり 濡れた欲情』のあらすじ・感想レビュー: 事実と虚言

日活ロマンポルノの傑作として必ず名前のあがるのが神代辰巳監督による『一条さゆり 濡れた欲情』。伝説のストリッパーとして知られた一条さゆりが本人役で出演し、虚実ないまぜの官能ドラマが繰り広げられます。主人公の新人ストリッパーを演じた伊佐山ひろ子の奔放な魅力にも注目です。
映画

映画『(秘)色情めす市場』のあらすじ・感想レビュー:芹明香のリアル

日活ロマンポルノを代表する名作『(秘)色情めす市場』。旧赤線地帯の大阪釜ヶ崎に生きる一人の娼婦の凛とした生きざまを描いた傑作です。ヒロインを演じているのは芹明香のリアルな存在感も見どころ。感想レビューとともに、あらすじやキャスト情報をご紹介します。
映画

『洲崎パラダイス赤信号』あらすじ・キャストと解説・感想【川島雄三監督作】

『幕末太陽傳』と並ぶ、川島雄三監督の代表作の一つが、1956年に公開された『洲崎パラダイス赤信号』。赤線地帯を描いた日本映画の傑作の一つでもある本作のあらすじやキャストなど作品情報に加え、見どころポイントをレビューします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました