Amazon『モダン・ラブ』シーズン2のあらすじ・キャスト

モダン・ラブ シーズン2 ドラマ

2019年にAmazonプライムビデオよりオリジナルドラマとして配信され、大きな話題を呼んだドラマ『モダン・ラブ〜今日もNYの街角で〜』。

いよいよ待望のシーズン2が2021年8月13日に配信されます。

本記事では、2021年7月現在判明しているシーズン2の各話の内容やキャストについての先行情報を、いち早くご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Amazonオリジナルドラマ『モダン・ラブ〜今日もNYの街角で〜』について

ニューヨーク・タイムズ紙の同名人気コラムを、オムニバス形式でドラマ化したのが『モダン・ラブ 〜今日もNYの街角で〜』です。

製作総指揮にあたっているのは、『ONCE ダブリンの街角で』や『はじまりのうた』が絶賛されたアイルランド人監督ジョン・カーニー。

シーズン1の全8話あらすじと主要キャスト19人、そしてジョン・カーニーについては、下記の記事に詳しくまとめてあります。

待望のシーズン2が2021年8月13日配信!

2021年8月13日、待望のシーズン2がAmazonプライムビデオより配信されます。

やはり全8話から構成され、注目のキャストも、大御所から期待の若手までバラエティー豊かな面々がそろいました。

多様性を反映させた設定はシーズン1から継続。また、最終話で意外な展開があったシーズン1同様、なんらかのサプライズが、シーズン2でも用意されているものと想定されます。

以下、2021年7月時点で判明している情報をまとめてみました。

シーズン2、全8話のあらすじとキャスト(先行情報)

公式インスタグラムに投稿された、各エピソードの順番とタイトルに準じています。

エピソード1 「On a Serpentine Road, With the Top Down」

亡き夫の遺品であるビンテージ・カーを手放す決意をする未亡人を、ミニー・ドライヴァーが演じます。

・ミニー・ドライヴァー

ミニー・ドライヴァーは、1970年1月31日、イギリス・ロンドン生まれ。映画デビュー作となった1995年の『サークル・オブ・フレンズ』でいきなり注目を集めます。1997年の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』では、アカデミー助演女優賞候補となりました。

歌手としての顔も持ち、2004年の映画『オペラ座の怪人』ではカルロッタを演じているほか、3枚のアルバムをリリースしています。未婚ですが、一男をもうけており、現在は映画監督のアディソン・オディアと交際中です。

エピソード2「The Night Girl Finds a Day Boy」

睡眠相後退症候群で完全夜型生活の女性と、正反対に規則正しく日の出とともに目覚める男性の恋を描きます。

・ゾーイ・チャオ

ゾーイ・チャオは、1985年9月19日、ロードアイランド州プロビデンスで、中国系の父、アングロ・アイリッシュ系の母の間に生まれました。ブラウン大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校に学び、卒業後は舞台を中心にキャリアをスタートさせます。

2017年に放送されたコメディドラマ『Strangers』の主人公イソベル役で注目されました。その他の映画出演作には、『ダウンヒル』『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』などがあります。

・ベンガ・アキナベ

ベンガ・アキナベは、1978年12月12日、ワシントンD.Cに暮らすナイジェリア系一家の生まれです。レスリングで奨学金を得て、バックネル大学を卒業後、演技の道に転身しました。

代表作には、ドラマ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』のクリス・パルトロー役、『DEUCE/ポルノストリート in NY』のラリー・ブラウン役などがあります。人気ラッパーのワーレイは従兄弟です。

エピソード3「Strangers On A [Dublin] Train」

『ボヘミアン・ラプソディ』のルーシー・ボイントンと『ゲーム・オブ・スローンズ』のキット・ハリントンが、偶然乗り合わせた電車を舞台に繰り広げるラブストーリーです。

・ルーシー・ボイントン

ルーシー・ボイントンは、1994年1月17日、ニューヨーク生まれのイギリス人女優です。2006年の映画『ミス・ポター』で主人公の少女時代を演じて女優デビュー。2016年のジョン・カーニー監督作『シング・ストリート 未来へのうた』では、ヒロインを演じています

2018年の『ボヘミアン・ラプソディ』でメアリー・オースティンを演じ、一躍世界的にその名を知られるようになりました。フレディーを演じたラミ・マレックと、私生活でも交際しています。

・キット・ハリントン

キット・ハリントンは、1986年12月26日、ロンドンのハマースミス生まれで、由緒ある名家の出身です。舞台『ウォー・ホース 〜戦火の馬〜』主演を経て、世界的大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役に抜擢されました。

その他出演作に、ドラマ『ガンパウダー』、映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』などがあります。2018年、『ゲーム・オブ・スローンズ』で共演した女優のローズ・レスリーと結婚し、2021年2月に一男をもうけています。

エピソード4「A Life Plan for Two, Followed by One」

映画『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』で注目されたドミニク・フィッシュバックと、リバイバルミュージカル『ウエストサイド物語』で主役トニーを演じたアイザック・コール・パウエルが共演する、恋と友情のはざまの物語です。

・ドミニク・フィッシュバック

ドミニク・フィッシュバックは、1991年3月22日生まれ、ニューヨーク出身。私立ペース大学で演劇を学び、2014年にオフ・オフ・ブロードウェイでデビューしました。

70代のニューヨークを舞台にした人気ドラマシリーズ『DEUCE/ポルノストリート in NY』で主要キャストに抜擢されたほか、2021年公開の映画『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』では、英国アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた若き実力派です。

・アイザック・コール・パウエル

アイザック・コール・パウエルは、1994年12月30日生まれ、ノースカロライナ州グリーンズボロ出身です。リバイバル・ブロードウェイミュージカル『アイランド』で主役ダニエル役、そして『ウエストサイド物語』の2020年リバイバルで主役トニーを演じた、注目の俳優兼歌手です。

オープンリーゲイで、同じくブロードウェイで活躍する俳優のウェズリー・テイラーと婚約しています。



エピソード5「Am I Gay or Straight? Maybe This Fun Quiz Game Will Tell Me」

性に目覚め、SNSでその疑問を解決しようとする少女をルル・ウィルソンが演じます。

・ルル・ウィルソン

ルル・ウィルソンは、2005年10月7日、ニューヨークのマンハッタン、アッパーイーストサイドに生まれました。

3歳のときから子役として活躍。中でも、2016年の映画『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』や2017年の『アナベル 死霊人形の誕生』などホラー映画が有名です。

エピソード6 「In the Waiting Room of Estranged Spouses」

セラピーの待合室で出会ったことで、思いもよらぬ展開に至る男女を描きます。『ピアノ・レッスン』のアンナ・パキンが主演します。

・アンナ・パキン

アンナ・パキンは、1982年7月24日、カナダのマニトバ州ウィニペグに生まれ、ニュージーランドで育ちました。11歳のとき、デビュー作となった1993年の『ピアノ・レッスン』でいきなりアカデミー助演女優賞を受賞します。

その後も、2008年のテレビドラマ『トゥルーブラッド』でゴールデングローブ賞主演女優賞に輝くなど、子役に終わることなく順調にキャリアを重ねてきました。2010年に俳優のスティーヴン・モイヤーと結婚し、双子をもうけ、モイヤーの連れ子2人とともにロサンゼルスに暮らしています。

エピソード7「How Do You Remember Me?」

道でばったり再会し、初めて出会ったときのことを思い出す青年2人のすれ違いを描きます。ミュージカル『ブック・オブ・モルモン』や映画『ザ・プロム』で知られる俳優のアンドルー・レイノルズが監督を務めます。

・マークィス・ロドリゲス

マークィス・ロドリゲスは、1996年9月17日生まれ。2017年に映画『サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所』のレイモン役、2019年のドラマ『ボクらを見る目』で演じたレイモンド役で、広く知られています。

Netflixで配信されているMarvelの『ルーク・ケイジ』、またブロードウェイ・ミュージカル『ライオン・キング』で若きシンバを演じたこともあります。

・ゼイン・パイス

ゼイン・パイスは、1993年9月22日、ニューヨークに生まれました。祖父は著名物理学者のアブラハム・パイス、父のジョシュ・パイス、母のリサ・エメリーとも俳優です。

主な出演作には、2007年の映画『マーゴット・ウェディング』、2017年のヒットコメディドラマ『Room 104』などがあります。

エピソード8 「A Second Embrace, With Hearts and Eyes Open」

子育てを終え、再び恋の火がつく元夫婦を『ラチェッド』のソフィー・オコネドーと『ザ・クラウン』のトビアス・メンジーズが演じます。アイルランドのダブリンで撮影されました。

・ソフィー・オコネドー

ソフィー・オコネドーは、1969年8月2日、イギリス・ロンドンで、ナイジェリア人の父とユダヤ人の母の間に生まれました。英国王立演劇学校で学んだのち、数々の映画・ドラマ・舞台に出演し、キャリアを積みます。

2004年の映画『ホテル・ルワンダ』でアカデミー助演女優賞ノミネート、2014年の舞台『ア・レーズン・イン・ザ・サン』では、見事トニー賞最優秀女優賞に輝いた実力派です。一時交際していたアイルランド人映画編集者との間に一女をもうけています。

・トビアス・メンジーズ

トビアス・メンジーズは、1974年3月7日、イギリス・ロンドン生まれ。テレビドラマを中心に活躍し、一人二役を演じた『アウトランダー』では、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされました。

その他の出演作には、映画『007 カジノ・ロワイヤル』、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』やNetflixドラマ『ザ・クラウン』などがあります。

『モダン・ラブ〜今日もNYの街角で〜』シーズン2配信後に情報アップデート!

上記あらすじやキャストは、事前情報に基づいたものであり、邦題も未定です。

追加の情報があり次第、また実際に配信を鑑賞後、随時追記・修正していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました