MJ・ロドリゲス、知られざる11の事実【POSEポーズ】

MJ・ロドリゲス ドラマ

ドラマ『POSE/ポーズ』の大ヒットで、世界的スターの地位を不動のものとしたMJ・ロドリゲス。

日本にも多くのファンがいますが、残念ながら彼女自身についての情報はあまり多くはありません。

そこで、MJ・ロドリゲスの公私にわたる詳しいプロフィールについて、最新情報を交えながらご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トランスジェンダーの女優として活躍するMJ・ロドリゲス

アメリカでは、今や、LGBTQのさまざまな役者たちが、普通に映画やドラマで活躍する姿が見られるようになりました。

そんな中、トランスジェンダーの女優として、代表的存在の一人ともいえるのがMJ・ロドリゲスです。

MJ・ロドリゲスのプライベートやキャリアについて、11のポイントからわかりやすくご紹介します。

MJ・ロドリゲスに関わる知られざる11の事実

1.生い立ちと教育

MJ・ロドリゲスは、1991年1月7日、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。母はアフリカ系、父はアフリカ系とプエルトリコ系のハーフです。

ニューアークにある「クイーン・オブ・エンジェルス・カソリック・スクール」を経て、11歳のとき「NJPAC(ニュージャージー・パフォーミング・アーツ・センター)」に入学し、演技を学びました。地元のユース・シアターにも参加し、複数の舞台を踏んでいます。

卒業後は「バークリー・カレッジ・オブ・ミュージック」で奨学金を獲得し、勉強を続けました。

2.トランスジェンダーとしての目覚め

7歳のときには、すでに女性になりたいと願っていたと言います。しかし、その気持ちを自分でも長い間受けいれられませんでした。14歳のときついに両親にカミングアウトしましたが、そのときには、トランスジェンダーではなく、ゲイかバイセクシャルだと告げたようです。

それと同時に、ドラマ『POSE/ポーズ』でも描かれる「ボールルーム」に参加するようになり、ヴォーギング・ダンスなどを身につけました。

3.本名は?

MJ・ロドリゲスの本名は、ミカエラ・アントニア・ジェ・ロドリゲス(Michaela Antonia Jaé Rodriguez)です。

おそらく女性として「ミカエラ」に改名する前は、マイケル(Michael)だったと思われ、早い時期のインタビューの中には、そう書かれているものもあります。

役者としての芸名はMJ・ロドリゲスで通していますが、その由来はマーベル・コミックに登場するキャラクター、Mary Jane “MJ” Watsonにならったものです。

後述するように、歌手としてオリジナル曲をリリースするにあたっては「ミカエラ・ジェ(Michaela Jaé)」の名前を使用しています。

4.プロフェッショナル・デビュー

大学在学中の2011年、ミュージカル『レント』のオフ・ブロードウェイ版でエンジェル役を演じ、事実上のプロフェッショナル・デビューを果たしました。同年のクライブ・バーンズ賞に輝くなど、非常に高い評価を得ています。

その後、テレビドラマ『ナース・ジャッキー』『マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜』に端役として出演したのち、いよいよ性転換し、女優としてキャリアを再スタートするに至ります。



5.女優として再スタート

2016年初頭からホルモン療法をスタートし、同時に男性キャストへのオーディションにはもう参加しないと決心します。

セリフのない役柄でしたが、トランスジェンダーの女優として、マーベルのテレビドラマ『ルーク・ケイジ』に初めて出演を果たしました。

また自身のFacebookに投稿した歌唱動画が評判をよび、いくつかの舞台に立っています。

6.『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』で映画デビュー

2017年に公開されたインディペンデント系映画『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』で映画デビューを果たします。

ニューヨークの教会に集う、LGBTQたちのアイデンティティと再生を描く秀作であり、MJ・ロドリゲスはトランスジェンダーのエボニーを演じ、トライベッカ映画祭の女優賞にノミネートされました。

また、のちに『POSE/ポーズ』でともにブレイクするインディア・ムーアとも、本作で初共演しています。

Amazon.co.jp: サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所(字幕版)を観る | Prime Video
ニューヨークのブロンクスに暮らす青年・ユリシーズは父親の死をきっかけに「美しくなりたい」という思いを抑えられずにいた。ある夜、ストリートで出会ったトランスジェンダーのグループに「土曜の夜の教会(ルビ:サタデーナイト・チャーチ)」へと誘われる。そこは静かで厳格な昼間の教会とは異なり、ダンスや音楽を楽しみながら、同じ境遇の...

7.ドラマ『POSE/ポーズ』の主役に抜擢されて人気スターへ!

AIDSが猛威を振るう1980年代後半のニューヨークを舞台に、「ボールルーム」に集うLGBTQたちの夢や愛、友情と絆、挫折をきらびやかに描いた、ライアン・マーフィー製作のドラマ『POSE/ポーズ』

実生活でもトランスジェンダーやゲイの役者たちが多数出演する中、MJ・ロドリゲスは主人公ブランカ・エヴァンジェリスタ役に抜擢され、ドラマの世界的ヒットとともに、大ブレイクを果たしました。

ドラマは、2018年にシーズン1、2019年にシーズン2、2021年にシーズン3が放送され、大人気のうちに完結しています。

8.ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に出演

2019年秋には、由緒ある劇場「パサディナ・プレイハウス」で上演されたミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の主役オードリー役に、トランスジェンダーの女優として初めて抜擢され、大きな話題となりました。

共演者のジョージ・サラザーとともに人気トークショー『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に出演し、同ミュージカルのナンバーを生歌で披露しました。

9.プライムタイム・エミー賞で快挙!

『POSE/ポーズ』のシーズン3は、2021年のプライムタイム・エミー賞で数々のノミネートを果たしました。

中でも、MJ・ロドリゲスは、トランスジェンダーとして初のドラマシリーズ主演女優賞にノミネートされるという快挙を成し遂げました。

残念ながら受賞は逃しています。

10.「サムシング・トゥー・セイ」でついに歌手デビュー!

ドラマ『POSE/ポーズ』やミュージカルでは、すでに素晴らしい歌唱を披露しているMJ・ロドリゲスですが、2021年夏、オリジナル曲でついに歌手デビューを果たしました。

MJ・ロドリゲスではなく「ミカエラ・ジェ(Michaela Jaé)の名前でリリースしたのはポップなダンスチューン「サムシング・トゥー・セイ(Something To Say)」。

8月には公式MVも配信され、話題をよんでいます。

11.今後の新作予定は?

2021年5月、マーヤ・ルドルフが主演するAppleTV+のコメディドラマシリーズに、MJ・ロドリゲスも出演することが発表されました。

マーヤ・ルドルフは、『サタデー・ナイト・ライブ』や映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』で知られる、アメリカを代表するコメディエンヌであり、異色顔合わせが楽しみです。

タイトルや配信時期は未定です。

MJ・ロドリゲスのさらなる活躍に注目!

2021年は、プライムタイム・エミー賞初ノミネート、念願の歌手デビューなど、大きな飛躍の一年になりました。

残念ながら『POSE/ポーズ』はシーズン3で完結してしまいましたが、今後はさらなる活躍が期待され、どんな作品に出演するのかにも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました