『サ道』ロケ地サウナ・場所23か所紹介とあらすじ【閉店あり】

サ道 ドラマ

タナカカツキの人気マンガを原作に、2019年にテレビドラマ化された『サ道』。

3人のサウナ愛好家が、全国のおすすめサウナを紹介していくドキュメンタリー風味のドラマです。

本記事では、各話のあらすじとともに、ロケ地となったサウナを中心に全23か所を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

ドラマ『サ道』とは?

シーズン1は、2019年7月20日から10月5日まで、テレビ東京のドラマ枠「ドラマ25」で放送されました。同年12月28日に年末スペシャル、さらに2021年2月14日に冬スペシャルも放送されて話題をよんでいます。

上野のサウナに集い、意気投合したナカタ、偶然さん、イケメン蒸し男の3人。それぞれの体験したサウナ談義を繰り広げる一方、ナカタは、サウナにハマるきっかけとなった謎の男「蒸しZ」探しを続けます。

主要登場人物

ナカタアツロウ/原田泰造
フリーランスのクリエイターで、本ドラマの主人公的存在です。謎の男「蒸しZ」との出会いによってサウナにハマり、彼を探しながら全国のサウナを巡ります。「偶然さん」と「イケメン蒸し男」からは「ナカちゃんさん」と呼ばれています。

偶然さん/三宅弘城
「偶然、偶然」が口癖の営業マンです。お調子者で、たとえ話が好きですがいつも的外れ。実は、既婚者で子持ちです。

イケメン蒸し男/磯村勇斗
まだ若い経営コンサルタント。偶然さんとは正反対に、論理的で、サウナに関してもなかなかの博学です。いつもタオルで股間をガードしており、偶然さんにいじられます。

赤井/荒井敦史
「北欧」の従業員で、アルバイトで熱波師の修行もしています。

蒸しZ/宅麻伸
ナカタが探し続けている謎の男。赤く「Z」とプリントされたタオルを持っていたことから、「蒸しZ」と呼ばれています。

サウナ用語解説

サウナー
サウナ愛好家

ロウリュ
サウナストーンに水をかけ、蒸気を発生させる行為

アウフグース
ロウリュによって出た蒸気をタオルやうちわなどであおぎ、サウナ室内に攪拌させる行為

ヴィヒタ
白樺の枝を束ねたもので、体をたたくことで血行をよくし、殺菌や保湿作用もあるというフィンランドでは2000年前から愛好されている健康法

ととのう
サウナと水風呂、外気浴を繰り返すことによって得られる至福のトランス状態を「ととのう」と表現します。1話において、「蒸しZ」からナカタが学ぶ「ととのう」ための極意は以下の手順です。

1巡目:サウナ6分→汗を流し水風呂→水をふきとり休憩5分
2巡目:サウナ6分→汗を流し水風呂→水をふきとり休憩5分
3巡目:サウナ8分→汗を流し水風呂→水をふきとり休憩→ととのう

『サ道』全13話+スペシャル2話のあらすじとロケ地

各施設の詳細情報にくわえ、番組の中で紹介されたおすすめポイントについてもまとめてあります。

2021年7月5日現在の情報に基づいています。

【注意】中には放送後に閉店した施設もあります。また、新型コロナウイルスの影響で、営業時間や休業日などに変更が生じている場合もありますので、実際に行かれる際は、公式ホームページなどで事前の確認をおすすめします。

第1話「上野の空の下でととのう」

ナカタが、ホームサウナとして利用する上野の「サウナ&カプセルホテル北欧」。そこでやはり常連の2人、偶然さんとイケメン蒸し男に話しかけられ、すぐに意気投合。ナカタは、サウナにハマるきっかけになった3年前の出来事を回想します。

たまたま飛び込んだ銭湯「みやこ湯」。サウナ好きだった亡き父の後ろ姿によく似た謎の男のやり方をまねるうち、ナカタは初めてサウナで「ととのう」ことを体験します。以来、サウナにハマり、またZがプリントされたタオルを持っていたことから名付けた「蒸しZ」に再会したいがため、さまざまなサウナを巡っているのでした。

①サウナ&カプセルホテル北欧

住所東京都台東区上野7-2-16                   
電話03-3845-8000
料金ほか 3時間コース通常料金 : 1,400円 (休前日・土日祝・特定日は1,600円)
・12時間コース通常料金 : 2,200円(休前日・土日祝・特定日は2,400円)
・深夜割増料金(24:00~5:00の間に滞在の場合) : 1,000円
公式HPhttps://www.saunahokuou.com/
おすすめ

・15度と低めの水風呂
・名物は「トゴールの湯」と名付けられたプールのような開放的露天風呂
・3人が食事処で食べる「北欧カレー」

②みやこ湯

住所東京都板橋区熊野町34-14                   
電話03-3956-0631
料金ほか 大人470円
・サウナは+170円(バスタオル付き)
・営業時間:15:30~24:00
・定休日:金曜日、第3木曜日
公式HPなし

第2話「風の滝でととのう」

錦糸町にあるサウナ「ニューウイング」にやってきたナカタ。椅子に座って休憩中、かつて水風呂に入り過ぎて体を冷やしたナカナに、「サウナを信じるな」との言葉をのこして消えた「蒸しZ」の記憶を思い出します。

③スパ&カプセル ニューウイング

住所東京都墨田区江東橋2-6-11                   
電話03-3846-1311
料金ほか ・湯ったりコース(2時間利用):1,800円 (5:00-22:00受付)
・超ゆったりコース(4時間利用):2,000円 (10:00-22:00受付)
・大人通常:2400円 (5:00-24:00 *24:00-5:00は別途深夜料金1,000円)
公式HPhttp://spa.new-wing.com/
おすすめ

・都道府県の名前が書かれたユニークな脱衣棚
・セルフロウリュのできるテルマーレ(古代ローマ低温サウナ) と高温のボナサームサウナ
・2つの水風呂があり、1つは泳いでもいいミニプール
・名物の吉田支配人
・食事処は居酒屋並にメニューが充実し、ナカタが食べるのは塩ちゃんこ

第3話「杉並の住宅街でととのう」

「北欧」の露天で外気浴談義を繰り広げる3人。偶然さんのおすすめは笹塚の「マルシンスパ」(第10話で紹介)、イケメン蒸し男のおすすめは池袋にある「タイムズ スパ・レスタ」

偶然さんからすすめられ、ナカタは杉並区の住宅街にぽつりとある銭湯サウナ「吉の湯」を訪れます。独特の感傷に襲われて泣いてしまったことを告げると、偶然さんも同じ体験をしたことがわかり……。

④ゆ家和ごころ 吉の湯

住所東京都杉並区成田東1-14-7                   
電話03-3315-1766
料金ほか ・大人(中学生以上)470円
・サウナ(入浴料込み)2時間 900円

・営業時間:13:30~22:00(火~金)、8:00~11:00
/13:30~22:00(土日)
・定休日:月曜日(祝日問わず)
公式HPhttp://yoshinoyu.sakura.ne.jp/
おすすめ

・銭湯とは思えない充実した露天風呂
・炭酸泉の露天
・姉妹店である「麻布黒美水温泉竹の湯」から運んだ黒いお湯のつぼ湯
・銭湯には珍しい3段のサウナ室内
・サウナ、水風呂、外気浴が絶妙な場所に配置

⑤タイムズ スパ・レスタ

住所東京都豊島区東池袋4-25-9 タイムズステーション池袋10階~12階         
電話03-5979-8924
料金ほか ・一般利用(11:30~):2,850円
・スピード利用(100分以内):2,100円(土日祝・特定日の11:30~21:00は利用不可)
・休日割増料(土日祝・特定日):+400円
・深夜割増料(0:00~5:00):500円/60分毎
・営業時間:11:30~翌9:00 (不定休)
公式HPhttp://www.timesspa-resta.jp/
おすすめ

・イケメン蒸し男いわく「木枯らし一号が吹く10月ごろ、午後一の外気浴が最高。風が強い中、一瞬太陽が差し込んでエモい。」
・詳しくは『サ道2021』の第4話で紹介されます。

第4話「エレガントな熱波でととのう」

「北欧」が休業日だったため、近くにある「サウナセンター」にやってきたナカタ。同じようにそこにいた偶然さん、イケメン蒸し男と、熱波師の話で盛り上がります。

忘れられない熱波師として、イケメン蒸し男があげるのは「秋山温泉」の渡辺純一氏。一方、偶然さんは「マルシンスパ」で働くお笑い芸人でもあるマグ万平氏。さらに、「ニコーリフレSAPPORO」のエレガント渡会氏の名前をあげると、なんとナカタは「草加健康センター」で実際に彼の熱波を受けたことがあるとその体験を語り始めます。

⑥草加健康センター

住所埼玉県草加市北谷2-23-23         
電話048-941-2619
料金ほか ・大人通常入館料:800円(平日)、900円(土日祝)
・リクライナー利用・館内着・タオル込みのセット料金もあり
・深夜割増料金(深夜2:00より+1350円)
・営業時間:10:00~翌朝8:00
(入浴時間は10:00~25:30/朝風呂 5:00~7:30、金土 10:00~7:30)
公式HPhttp://www.yunoizumi.com/souka/
おすすめ

・いかにも体に良さそうな薬湯
・草津から運んだお湯
・水風呂は外に設置

⑦サウナセンター

住所東京都台東区下谷2-4-7        
電話03-3876-0016
料金ほか ・3時間入浴(5:00~深夜1:00):¥1,200(平日限定)
・8時間入浴(5:00~深夜1:00):¥1,800(深夜1:00を過ぎると深夜料金が発生)
・年中無休
公式HPhttps://sauna-center.jp/
おすすめ

・番組では、都内に現存するサウナでもっとも古い施設の一つと紹介されます。

⑧新湯治場 秋山温泉

住所山梨県上野原市秋山2210        
電話0554-56-2611
料金ほか ・大人一般:820円(17:00以降は510円) *市民割あり
・ 営業時間:10:00~21:00(土日祝は9:00~)
・休館日:第4月曜日(祝日の場合は翌平日)
公式HPhttp://www.akiyamaonsen.com/
おすすめ

・イケメン蒸し男が、最高の熱波師として名前をあげる渡辺純一氏のホームグラウンド。上野原サウナ道場師範でもあります。

⑨ニコーリフレSAPPORO

住所北海道札幌市南3条西2丁目14 ニコービル4F        
電話011-261-0108
料金ほか ・24時間コースビジター:3,500円(平日)、3,700円(土日祝)
*リフレ会員は 2,400円(平日)、2,600円(土日祝)
・会員特典

(リフレタイム5:00~16:00/3時間1,100円、ナイトタイム16:00~20:00/3時間1,300円)
公式HPhttps://www.nikoh.info/
おすすめ

・偶然さんが、最高の熱波師として名前をあげるエレガント渡会氏のホームグラウンド。

第5話「テントサウナでととのう」

迷惑サウナーの話で盛り上がる3人。そこで、ナカタが以前訪ねた「湘南ひらつか太古の湯グリーンサウナ」の話になります。珍しいテントサウナのこと、そしてヴィヒタを体験したこと、さらにそこにいた厳ついヤンキー兄貴のこと……。

⑩湘南ひらつか太古の湯グリーンサウナ【閉店】

残念ながら、2020年4月28日に閉店しました。



第6話「サウナの聖地でととのう」

「北欧」の食事処で、偶然さんが持っていた大切な水をこぼしてしまい大騒ぎ。その水とは、サウナーにとっての聖水とも言われる静岡の「サウナしきじ」の天然水でした。

⑪サウナしきじ

住所静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1        
電話054-237-5537
料金ほか ・男性:1,400円(平日)、1,600円(土日)
*メンズ・タイムサービス:900円(毎日6:00~9:00/17:00~深夜2:00)
・女性900円
*レディース・エコ・サービス500円 (1時間入浴)
・24時間年中無休
公式HPhttps://saunashikiji.jp/
おすすめ

・思わず声が出てしまう、絶品の天然水の水風呂
・天然水は飲むことも可能
・オーナーの娘である笹野美紀恵氏が看板娘
・食事処でナカタが食べるのは生姜焼き定食

第7話「ゴッドファーザーと共にととのう」

最近、サウナで「ととのう」ことができなくなった偶然さん。話は、大手サウナチェーンを経営し、サウナ界のゴッドファーザーとも言われる米田行孝氏のことに……。

ナカタは、名古屋の「サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄店」を訪ね、実際に話を聞きます。

⑫サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄店

住所愛知県名古屋市中区栄3-13-12        
電話052-241-7126
料金ほか ・1,100円(1時間)、 1,650円 (2時間)、2,200円(3時間)、3,300円(時間制限なし)
・サウナ営業時間:5:00〜25:00 ※最終退館26:00『ナイトサウナ』あり
公式HPhttps://www.wellbe.co.jp/sakae/
おすすめ

・オーナーは名古屋と福岡にチェーン展開し、日本のサウナ事情にも詳しい米田行孝氏
・高温サウナは、特別なスピーカーシステムによりテレビの音声を聞こえない場所もあり。
・「森のサウナ」は、フィンランドのサウナ小屋を再現したもので、セルフロウリュとセルフヴィヒタが可能。
・水風呂だけでなく冷凍サウナもおすすめ

第8話「女性のための最先端サウナでととのう」

おしゃれな女性が集まるサウナを紹介する、いわばスピンオフ的な回。ミズキ、エリカ、マミの若い女性3人が名古屋の「サウナラボ」を訪ねます。

⑬サウナラボ

住所愛知県名古屋市中区栄3丁目9-22 グランドビル8F        
電話052-238-2131
料金ほか ・3h利用:¥2,200、FREE:¥3,300
*サウナと館内のスペースをすべて自由に利用可。
・営業時間:12:00~21:00 最終受付:20:00
公式HPhttp://saunalab.jp/
おすすめ

・「ラピンマウンテン」と呼ばれる女性専用エリア
・トナカイの毛皮のラグ
・アイスミスト
・フィンランドの雪原をイメージした、マイナス25度のアイスサウナ

第9話「哀しきサラリーマンの隣でととのう」

いつもと様子が違う偶然さん。その理由は、「THERMAL SPA S.WAVE」でのつらい体験をいまだ引きずっていたのです。そこでナカタにばったり会ったものの、サウナ嫌いの社長を接待していたため、満足にサウナを楽しめず、欲求不満に陥っていたのでした。

⑭大磯プリンスホテル THERMAL SPA S.WAVE

住所神奈川県中郡大磯町国府本郷546 大磯プリンスホテル        
電話0463-61-1111 (代表)
料金ほか ・温泉&スパ利用 大人一般: ¥4,500
・温泉のみ 大人一般:¥1,500

・営業時間:6:00~ 深夜0:00(最終受付:宿泊者は23:30、外来は17:00)
公式HPhttps://www.princehotels.co.jp/oiso/spa/
おすすめ

・シックで高級感にあふれたラグジュアリー・サウナ
・3階が温泉フロアで、4階がスパフロア
・最新のアロマシャワー
・ヒーリングルーム、雪の降るスノールーム、インフィニティプールなど施設も充実
・海をのぞむ男女兼用の絶景サウナ

第10話「天空のアジトで男泣きにととのう」

「北欧」の食事処で、楽しそうにサウナ談義に花を咲かせる3人を横目に、いかにもさえない中年の男、村田。会社でも自宅でも居場所のない村田行きつけのサウナは、通勤途中にある笹塚の「マルシンスパ」でした。やがて3人から声をかけられ、同じテーブルに座ることに……。

⑮天空のアジト マルシンスパ

住所東京都渋谷区笹塚1-58-6マルシンビル10階        
電話03-3376-5225
料金ほか ・90分コース:\1,530(平日)、 \1,730(土日祝)
・3時間コース:\2,040(平日)、 \2,240(土日祝)
・ナイトプラン:\2,550(平日)、 \2,750(土日祝) *22:00~翌8:00まで滞在可能
・深夜割増料金:+\1,020(0:00~4:00滞在の場合)
・24時間営業
・休館日:元旦、毎月第1月曜日(祝祭日除く)
公式HPhttp://marushinspa.jp/
おすすめ

・地下水をくみ上げた深い水風呂
・「フェラーリのエンジンを乗せた軽ワゴン」と形容される、小さいながらも強烈なサウナ
・笹塚駅を見下ろす、眺望抜群の外気浴スペース
・食事処で村田が飲むのは、サウナーに人気の高いオロナミンCとポカリスエットをミックスしたもの。食事は、笹塚チャーシュー、カレーライスと赤ウィンナー炒め

第11話「西の聖地でととのう…のか!?」

なぜか何セット繰り返しても、突然「ととのう」ことができなくなったナカタ。以前同じ状態を経験した偶然さんにすすめられ、向かった先はサウナーの西の聖地とも言われる熊本の「湯らっくす」でした。

⑯サウナと天然温泉 湯けむり天国 湯らっくす

住所熊本市中央区本荘町722        
電話096-362-1126
料金ほか ・温泉サウナ利用大人:590円(平日)、690円(土日祝)
・湯らっくす通常コース大人:1300円、深夜料金は+1500円
・湯らっくす3時間コース大人:980円
・24時間年中無休(
ただし、温泉・サウナは10:00~翌8:00、8:00~10:00は清掃時間)
公式HPhttps://www.yulax.info/
おすすめ

・名水で有名な白川水源も近く、良質な阿蘇の天然水を存分に満喫できる
・日本一深いとも言われる水深171cmの水風呂
・「Mad Maxボタン」を押すと打たせ水が脳天を直撃
・「大サウナ博ヤング熱波杯」で優勝したアウフグースマイスター・福永氏のホームグラウンド
・こだわりのメディテーションサウナ
・食事処でナカタが食べるのは麻婆豆腐定食

第12話「サウナとは?」

西の聖地でも、結局「ととのう」ことができなかったナカタは、そのまま「湯らっくす」に宿泊することに……。ゆったりとした夜を過ごし、翌朝、風呂場で「蒸しZ」らしき男がメディテーションサウナに入っていく後ろ姿を目撃。しかし、中に入ってもその姿はなく、ただ「サウナを信じるな」という言葉を思い出すのでした。

東京に戻ったナカタは、「ととのう」ことに対するこだわりを捨て、そのままサウナ通いを続けていましたが、ある日、通りすがりのラーメン屋「NEW RAMEN」の看板に、見覚えのあるZのマークを発見。店に入ると、店主として働く「蒸しZ」の姿がありました……。RAMENのNがZに見えていたのです。

⑰中華料理 太陽

住所東京都台東区浅草3-42-4        
電話03-3873-1412
料金ほか ・営業時間:11:30~21:30(L.O.21:00)
・定休日:火曜
公式HPなし

「蒸しZ」が働くラーメン屋「NEW RAMEN」の撮影ロケ地と使用されたのは浅草にある「中華料理 太陽」です。

2019年末SP「北の聖地でととのう」

いつもと変わらず、「北欧」でサウナ雑談を繰り広げる3人。会社をやめて起業し、金髪にしたイケメン蒸し男、一方、偶然さんとナカタは消費増税に小言を並べ……。そんな中、ナカタが行ってきたという北海道サウナツアーの話で盛り上がります。

まず、旭川市の「サウナプラトー」、続いて偶然さんからおすすめされた食堂「四條食堂」で夕食。翌日は、「吹上露天の湯」に立ち寄ってから、サウナーの北の聖地と言われる「吹上温泉保養センター 白銀荘」を堪能します。

⑱星野リゾートOMO7旭川 サウナプラトー

住所北海道旭川市6条通9丁目右1 星野リゾート OMO7旭川 BF        
電話0166-29-2580
料金ほか ・2021年7月現在、日帰り入浴不可、宿泊者のみ
・宿泊者:無料
・営業時間:15:30〜24:00(最終受付23:30 / 年中無休)
公式HPhttps://omo-hotels.com/asahikawa/facilities/spa/
おすすめ

・老舗ホテルだった「旭川グランドホテル」を星野リゾートが改装。以前から評判の高かったサウナだけはあまりいじらず、昔の趣そのままを維持
・ドライとミストの2つのサウナ
・ミストサウナの足元に流れる冷たい水
・ウォーキングも可能なぬる湯風呂
・サウナの中央に設置された街燈がレトロな趣
・ラウンジに無料のドリンクバー

⑲四條食堂

住所北海道旭川市四条通17 十七丁目オール商店街六号館        
電話0166-23-6886
料金ほか ・営業時間:11:00~21:00
・定休日:不定休
公式HPなし

偶然さんにすすめられた、四條食堂(よじょうしょくどう)は、いかにもローカルな地元民が集う小さな食堂です。ナカタはホタテが隠し味だというカレーライスと、サウナーに人気だというとりめんを食します。

⑳吹上露天の湯

住所北海道空知郡上富良野町吹上温泉        
電話0167-45-4126(吹上温泉白銀荘)
料金ほか 無料
・日帰り入浴時間:24時間
公式HPhttps://www.kamifurano.jp/stay/onsen/2115
おすすめ

・無料の天然の露天風呂
・ドラマ『北の国から』の中で、田中邦衛が入ったお風呂としても有名

㉑吹上温泉保養センター 白銀荘

住所北海道空知郡上富良野町吹上温泉        
電話0167-45-4126
料金ほか ・日帰り入浴料金:大人¥700、中高生¥500、小学生¥300
・日帰り入浴時間:10:00~22:00(最終入館は21:00まで)
公式HPhttp://kamifurano-hokkaido.com/
おすすめ

・標高約1000メートルの場所にあり、サウナーなら死ぬまでに一度は訪れたい北の聖地
・もともとは登山者のための宿泊施設であり、そのための自炊設備もあり
・木製のサウナ室からも雪景色が楽しめる
・水風呂は大雪山の雪解け水であり、飲むことも可能
・有名サウナ愛好家の「濡れ頭巾ちゃん」が登場

2021年冬SP「 東京の空の下、少し離れてととのう」

新型コロナウイルスの影響で「北欧」も予約制となっていたため、久しぶりに顔を合わせた3人。食事処でも間隔をあけて座り、近況報告などし合います。営業的に厳しいサウナもある中、錦糸町の「黄金湯」のように、この時期をリニューアルに利用したサウナもあることなど。

ナカタが「庭の湯」での体験を語ったあと、久しぶりに3人一緒に「サウナ錦糸町」に行く約束をします。

㉒豊島園 庭の湯

住所東京都練馬区向山3-25-1        
電話03-3990-4126
料金ほか ・一般入館料:2,070円(平日)、2,370円(土日祝) *年末年始など特定日割増あり
・ナイトスパ(17:00以降):1,500円 *当面の間、土日祝・特定日はナイトスパ料金設定はなし。
・入会金550円で、会員割引あり(1年間有効)
・営業時間:10:00~20:00(最終受付19:00)
公式HPhttp://www.niwanoyu.jp/niwa/
おすすめ

・天然温泉の大規模スパ施設
・フィンランドサウナとテルマリウムサウナという屋内サウナが2つ
・有名な庭師が手掛けた庭園に面した外気浴エリア
・水着着用で男女共用のバーデゾーン
・バーデゾーンの一角にある屋外フィンランドサウナ
・食事処でナカタが食すのはあんかけもやし中華そば

㉓サウナ錦糸町/サウナガーデン錦糸町

住所東京都墨田区錦糸2-6-3第一荒木ビル        
電話03-3621-1919
料金ほか ・1時間利用:800円、2時間利用:1,000円、時間無制限(22時切り替え):1,500円
・深夜料金(0:00〜6:00):700円
・「サウナ錦糸町」は男性専用、女性専用で岩盤浴付銭湯「ゆずりはの湯」
・ 屋上にあるルーフトップサウナ「サウナガーデン錦糸町」は別施設。
3時間貸切/1DAY貸切など料金等は公式HPにて確認のこと。
公式HPhttps://capsuleinn-kinshichou.tokyo/(サウナ錦糸町)
https://saunagarden-kinshicho.tokyo/(サウナガーデン錦糸町)
おすすめ

・下町の親しみやすいサウナ
・ジム施設併設
・屋上に、スカイツリーなど絶景を楽しめる貸し切りサウナ&バーベキュースペースを新設

シーズン2となる『サ道2021』

シーズン1と2回のスペシャルはいずれも好評を博し、シーズン2が『サ道2021』のタイトルで、7月から9月にかけて放送されました。

『サ道2021』に登場したロケ地サウナについても、下記に詳しくまとめてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました