『サ道』ロケ地サウナ・場所23か所紹介とあらすじ【閉店あり】

サ道ドラマ

タナカカツキの人気マンガを原作に、2019年にテレビドラマ化された『サ道』。

3人のサウナ愛好家が、全国のおすすめサウナを紹介していくドキュメンタリー風味のドラマです。

本記事では、各話のあらすじとともに、ロケ地となったサウナを中心に全23か所を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

ドラマ『サ道』とは?

シーズン1は、2019年7月20日から10月5日まで、テレビ東京のドラマ枠「ドラマ25」で放送されました。同年12月28日に年末スペシャル、さらに2021年2月14日に冬スペシャルも放送されて話題をよんでいます。

上野のサウナに集い、意気投合したナカタ、偶然さん、イケメン蒸し男の3人。それぞれの体験したサウナ談義を繰り広げる一方、ナカタは、サウナにハマるきっかけとなった謎の男「蒸しZ」探しを続けます。

主要登場人物

ナカタアツロウ/原田泰造
フリーランスのクリエイターで、本ドラマの主人公的存在です。謎の男「蒸しZ」との出会いによってサウナにハマり、彼を探しながら全国のサウナを巡ります。「偶然さん」と「イケメン蒸し男」からは「ナカちゃんさん」と呼ばれています。

偶然さん/三宅弘城
「偶然、偶然」が口癖の営業マンです。お調子者で、たとえ話が好きですがいつも的外れ。実は、既婚者で子持ちです。

イケメン蒸し男/磯村勇斗
まだ若い経営コンサルタント。偶然さんとは正反対に、論理的で、サウナに関してもなかなかの博学です。いつもタオルで股間をガードしており、偶然さんにいじられます。

赤井/荒井敦史
「北欧」の従業員で、アルバイトで熱波師の修行もしています。

蒸しZ/宅麻伸
ナカタが探し続けている謎の男。赤く「Z」とプリントされたタオルを持っていたことから、「蒸しZ」と呼ばれています。

サウナ用語解説

サウナー
サウナ愛好家

ロウリュ
サウナストーンに水をかけ、蒸気を発生させる行為

アウフグース
ロウリュによって出た蒸気をタオルやうちわなどであおぎ、サウナ室内に攪拌させる行為

ヴィヒタ
白樺の枝を束ねたもので、体をたたくことで血行をよくし、殺菌や保湿作用もあるというフィンランドでは2000年前から愛好されている健康法

ととのう
サウナと水風呂、外気浴を繰り返すことによって得られる至福のトランス状態を「ととのう」と表現します。1話において、「蒸しZ」からナカタが学ぶ「ととのう」ための極意は以下の手順です。

1巡目:サウナ6分→汗を流し水風呂→水をふきとり休憩5分
2巡目:サウナ6分→汗を流し水風呂→水をふきとり休憩5分
3巡目:サウナ8分→汗を流し水風呂→水をふきとり休憩→ととのう

『サ道』全13話+スペシャル2話のあらすじとロケ地

各施設の詳細情報にくわえ、番組の中で紹介されたおすすめポイントについてもまとめてあります。

2021年7月5日現在の情報に基づいています。

【注意】中には放送後に閉店した施設もあります。また、新型コロナウイルスの影響で、営業時間や休業日などに変更が生じている場合もありますので、実際に行かれる際は、公式ホームページなどで事前の確認をおすすめします。

第1話「上野の空の下でととのう」

ナカタが、ホームサウナとして利用する上野の「サウナ&カプセルホテル北欧」。そこでやはり常連の2人、偶然さんとイケメン蒸し男に話しかけられ、すぐに意気投合。ナカタは、サウナにハマるきっかけになった3年前の出来事を回想します。

たまたま飛び込んだ銭湯「みやこ湯」。サウナ好きだった亡き父の後ろ姿によく似た謎の男のやり方をまねるうち、ナカタは初めてサウナで「ととのう」ことを体験します。以来、サウナにハマり、またZがプリントされたタオルを持っていたことから名付けた「蒸しZ」に再会したいがため、さまざまなサウナを巡っているのでした。

①サウナ&カプセルホテル北欧

住所東京都台東区上野7-2-16                   
電話03-3845-8000
料金ほか 3時間コース通常料金 : 1,400円 (休前日・土日祝・特定日は1,600円)
・12時間コース通常料金 : 2,200円(休前日・土日祝・特定日は2,400円)
・深夜割増料金(24:00~5:00の間に滞在の場合) : 1,000円
公式HPhttps://www.saunahokuou.com/
おすすめ

・15度と低めの水風呂
・名物は「トゴールの湯」と名付けられたプールのような開放的露天風呂
・3人が食事処で食べる「北欧カレー」

②みやこ湯

住所東京都板橋区熊野町34-14                   
電話03-3956-0631
料金ほか 大人470円
・サウナは+170円(バスタオル付き)
・営業時間:15:30~24:00
・定休日:金曜日、第3木曜日
公式HPなし



第2話「風の滝でととのう」

錦糸町にあるサウナ「ニューウイング」にやってきたナカタ。椅子に座って休憩中、かつて水風呂に入り過ぎて体を冷やしたナカナに、「サウナを信じるな」との言葉をのこして消えた「蒸しZ」の記憶を思い出します。

③スパ&カプセル ニューウイング

住所東京都墨田区江東橋2-6-11                   
電話03-3846-1311
料金ほか ・湯ったりコース(2時間利用):1,800円 (5:00-22:00受付)
・超ゆったりコース(4時間利用):2,000円 (10:00-22:00受付)
・大人通常:2400円 (5:00-24:00 *24:00-5:00は別途深夜料金1,000円)
公式HPhttp://spa.new-wing.com/
おすすめ

・都道府県の名前が書かれたユニークな脱衣棚
・セルフロウリュのできるテルマーレ(古代ローマ低温サウナ) と高温のボナサームサウナ
・2つの水風呂があり、1つは泳いでもいいミニプール
・名物の吉田支配人
・食事処は居酒屋並にメニューが充実し、ナカタが食べるのは塩ちゃんこ

第3話「杉並の住宅街でととのう」

「北欧」の露天で外気浴談義を繰り広げる3人。偶然さんのおすすめは笹塚の「マルシンスパ」(第10話で紹介)、イケメン蒸し男のおすすめは池袋にある「タイムズ スパ・レスタ」

偶然さんからすすめられ、ナカタは杉並区の住宅街にぽつりとある銭湯サウナ「吉の湯」を訪れます。独特の感傷に襲われて泣いてしまったことを告げると、偶然さんも同じ体験をしたことがわかり……。

④ゆ家和ごころ 吉の湯

住所東京都杉並区成田東1-14-7                   
電話03-3315-1766
料金ほか ・大人(中学生以上)470円
・サウナ(入浴料込み)2時間 900円

・営業時間:13:30~22:00(火~金)、8:00~11:00
/13:30~22:00(土日)
・定休日:月曜日(祝日問わず)
公式HPhttp://yoshinoyu.sakura.ne.jp/
おすすめ

・銭湯とは思えない充実した露天風呂
・炭酸泉の露天
・姉妹店である「麻布黒美水温泉竹の湯」から運んだ黒いお湯のつぼ湯
・銭湯には珍しい3段のサウナ室内
・サウナ、水風呂、外気浴が絶妙な場所に配置

⑤タイムズ スパ・レスタ

住所東京都豊島区東池袋4-25-9 タイムズステーション池袋10階~12階         
電話03-5979-8924
料金ほか ・一般利用(11:30~):2,850円
・スピード利用(100分以内):2,100円(土日祝・特定日の11:30~21:00は利用不可)
・休日割増料(土日祝・特定日):+400円
・深夜割増料(0:00~5:00):500円/60分毎
・営業時間:11:30~翌9:00 (不定休)
公式HPhttp://www.timesspa-resta.jp/
おすすめ

・イケメン蒸し男いわく「木枯らし一号が吹く10月ごろ、午後一の外気浴が最高。風が強い中、一瞬太陽が差し込んでエモい。」
・詳しくは『サ道2021』の第4話で紹介されます。



第4話「エレガントな熱波でととのう」

「北欧」が休業日だったため、近くにある「サウナセンター」にやってきたナカタ。同じようにそこにいた偶然さん、イケメン蒸し男と、熱波師の話で盛り上がります。

忘れられない熱波師として、イケメン蒸し男があげるのは「秋山温泉」の渡辺純一氏。一方、偶然さんは「マルシンスパ」で働くお笑い芸人でもあるマグ万平氏。さらに、「ニコーリフレSAPPORO」のエレガント渡会氏の名前をあげると、なんとナカタは「草加健康センター」で実際に彼の熱波を受けたことがあるとその体験を語り始めます。

⑥草加健康センター

住所埼玉県草加市北谷2-23-23         
電話048-941-2619
料金ほか ・大人通常入館料:800円(平日)、900円(土日祝)
・リクライナー利用・館内着・タオル込みのセット料金もあり
・深夜割増料金(深夜2:00より+1350円)
・営業時間:10:00~翌朝8:00
(入浴時間は10:00~25:30/朝風呂 5:00~7:30、金土 10:00~7:30)
公式HPhttp://www.yunoizumi.com/souka/
おすすめ

・いかにも体に良さそうな薬湯
・草津から運んだお湯
・水風呂は外に設置

⑦サウナセンター

住所東京都台東区下谷2-4-7        
電話03-3876-0016
料金ほか ・3時間入浴(5:00~深夜1:00):¥1,200(平日限定)
・8時間入浴(5:00~深夜1:00):¥1,800(深夜1:00を過ぎると深夜料金が発生)
・年中無休
公式HPhttps://sauna-center.jp/
おすすめ

・番組では、都内に現存するサウナでもっとも古い施設の一つと紹介されます。

⑧新湯治場 秋山温泉

住所山梨県上野原市秋山2210        
電話0554-56-2611
料金ほか ・大人一般:820円(17:00以降は510円) *市民割あり
・ 営業時間:10:00~21:00(土日祝は9:00~)
・休館日:第4月曜日(祝日の場合は翌平日)
公式HPhttp://www.akiyamaonsen.com/
おすすめ

・イケメン蒸し男が、最高の熱波師として名前をあげる渡辺純一氏のホームグラウンド。上野原サウナ道場師範でもあります。

⑨ニコーリフレSAPPORO

住所北海道札幌市南3条西2丁目14 ニコービル4F        
電話011-261-0108
料金ほか ・24時間コースビジター:3,500円(平日)、3,700円(土日祝)
*リフレ会員は 2,400円(平日)、2,600円(土日祝)
・会員特典

(リフレタイム5:00~16:00/3時間1,100円、ナイトタイム16:00~20:00/3時間1,300円)
公式HPhttps://www.nikoh.info/
おすすめ

・偶然さんが、最高の熱波師として名前をあげるエレガント渡会氏のホームグラウンド。

第5話「テントサウナでととのう」

迷惑サウナーの話で盛り上がる3人。そこで、ナカタが以前訪ねた「湘南ひらつか太古の湯グリーンサウナ」の話になります。珍しいテントサウナのこと、そしてヴィヒタを体験したこと、さらにそこにいた厳ついヤンキー兄貴のこと……。

⑩湘南ひらつか太古の湯グリーンサウナ【閉店】

残念ながら、2020年4月28日に閉店しました。

第6話「サウナの聖地でととのう」

「北欧」の食事処で、偶然さんが持っていた大切な水をこぼしてしまい大騒ぎ。その水とは、サウナーにとっての聖水とも言われる静岡の「サウナしきじ」の天然水でした。

⑪サウナしきじ

住所静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1        
電話054-237-5537
料金ほか ・男性:1,400円(平日)、1,600円(土日)
*メンズ・タイムサービス:900円(毎日6:00~9:00/17:00~深夜2:00)
・女性900円
*レディース・エコ・サービス500円 (1時間入浴)
・24時間年中無休
公式HPhttps://saunashikiji.jp/
おすすめ

・思わず声が出てしまう、絶品の天然水の水風呂
・天然水は飲むことも可能
・オーナーの娘である笹野美紀恵氏が看板娘
・食事処でナカタが食べるのは生姜焼き定食

コメント

タイトルとURLをコピーしました