ルポールのドラァグレース:シーズン13の勝者は?【ネタバレ】

ルポールのドラァグレース13勝者 その他

2009年にスタートし、シーズンを重ねてきたドラァグクイーンの勝ち残りリアリティ番組『ル・ポールのドラァグ・レース』

2021年4月、待望のシーズン13の放送が全米で終了し、13人目の女王が誕生しました。

本記事では、放送されたエピソード順に沿って、勝者と脱落者を紹介していきます。

完全にネタバレになりますので、了解済の方のみこの先をお読みください!

スポンサーリンク

全米で『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン13の放送終了!

『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン13は、ケーブルTV局「VH1」で2021年1月1日に放送がスタート。4月23日に「グランド・ファイナル」となるエピソード16が放送されて、シーズンの勝者が決定しました。

毎回ながら豪華なゲスト審査員として、アン・ハサウェイ、スカーレット・ヨハンソン、シンシア・エルヴォらが登場します。

出場者13人の詳しいプロフィール紹介については、下記の記事をご覧ください。この記事の中ではネタバレをしていませんのでご安心ください。

エピソード順・脱落順に敗者・勝者を紹介【ネタバレ注意】

エピソード1:ポークチョップ

13人のクイーンが勢ぞろいする前に、いきなり2人ずつでリップシンク対決します。6人が勝者となり、7人が敗者となりますが、脱落者はなしで終わります。

エピソード2:おめでとう

エピソード1の勝者チーム(キャンディ・ミューズ、ララ・リ、ゴットミク、シモーン、ティナ・バーナー、オリビア・ラックス)に、投票によって選ばれたエリオット・ウィズ・トゥー・ティーズが加わった7人が競います。

シモーンとオリビア・ラックスがトップ2となり、リップシンクによってシモーンが勝者となりました。脱落者はいません

エピソード3:フェノメノン

エピソード1の敗者チーム(ジョーイ・ジェイ、デナリ、タミーシャ・イマン、ユティカ・クイーン、ロゼ、カモラ・ホール)の6人が競います。

ロゼとディナリがトップ2となり、デナリが勝者となります。脱落者はいません。

エピソード4:ル・ポールマーク・チャンネル

3つのチームに分かれて映画を撮り、演技力を競い合います。

デナリとカモラ・ホールがボトム2となり、カモラ・ホールが脱落者となりました。

勝者は2度目となるシモーンです。

エピソード5:バッグ・ボール

ミニ・チャレンジでは、赤ちゃんのドラァグ・クイーンに変身。ララ・リがミニ勝者に選ばれました。

ジョーイ・ジェイとララ・リがボトム2となり、ジョーイ・ジェイが脱落しました。

勝者はゴットミクです。

エピソード6:ディスコメンタリー

ミニ・チャレンジは、二人一組になって壁紙でドレスを製作。エリオット・ウィズ・トゥー・ティーズとタミーシャ・イマンのペアがミニ勝者に選ばれました。メイン・チャレンジはディスコ・ダンスに取り組みます。

キャンディ・ミューズとタミーシャ・イマンがボトム2となり、タミーシャ・イマンが脱落しました。

勝者はオリビア・ラックスです。

エピソード7:トーク番組で大暴走再び

メイン・チャレンジは、チームに分かれてトーク・ショー「Bossy Rossy」を繰り広げます。

エリオット・ウィズ・トゥー・ティーズとララ・リがボトム2となり、ララ・リが脱落しました。

オリビア・ラックスが2回連続で勝者となりました。

エピソード8:未検証ルージカル

「イエロー・ゴージャス」をテーマにランウェイを歩きます。

キャンディ・ミューズとシモーンがボトム2となりましたが、脱落者はいませんでした。

勝者はロゼです。

エピソード9:スナッチゲームで笑わせて

メイン・チャレンジは恒例の「スナッチ・ゲーム」。ゴットミクはパリス・ヒルトンに、ロゼはスコットランドのメアリー女王、シモーンはハリエット・タブマンに扮しました。

エリオット・ウィズ・トゥー・ティーズとユティカ・クイーンがボトム2となり、エリオット・ウィズ・トゥー・ティーズが脱落しました。

勝者はゴットミクで2度目です。

エピソード10:フォーチュン・クッキー

メイン・チャレンジは、ペアになってそれぞれのイメージチェンジに挑戦します。

デナリとオリビア・ラックスのペアがボトム2となり、デナリが脱落しました。

シモーンとユティカ・クイーンのペアが勝者となり、シモーンは3度目です。

エピソード11:クイーンはソーダがお好き

メイン・チャレンジは、それぞれがオリジナル炭酸水のCMを作成します。また、「獣クチュール」をテーマにランウェイを歩きました。

ティナ・バーナーとユティカ・クイーンがボトム2となり、ティナ・バーナーが脱落しました。

シモーンとロゼが勝者となり、シモーンは4度目です。

エピソード12:いい子をこき下ろせ

メイン・チャレンジでは、過去のミス・コンジニアリティーとなったハイディ・N・クローゼット、ニナー・ウエスト、ヴァレンティーナをディスります。

シモーンとユティカ・クイーンがボトム2となり、ユティカ・クイーンが脱落しました。

キャンディ・ミューズが勝者となりました。

エピソード13:ミクロクイーン

メイン・チャレンジでは、架空の新作SF映画『Henny, I Shrunk The Drag Queens!』に出演し、演技力と存在感を競います。

キャンディ・ミューズとオリビア・ラックスがボトム2となり、オリビア・ラックスが脱落しました。

勝者はロゼで、3度目です。

エピソード14:彼女はラッキー

ル・ポール新曲「ラッキー」のMVに登場し、歌唱とダンスを披露します。

ゴットミク、キャンディ・ミューズ、ロゼ、シモーンの4人全員が脱落することなくグランド・ファイナルに進みました。

エピソード15:同窓会エピソード

出場者13人が全員出場し、シーズン13を振り返る、恒例の「リユナイト(再集合)」です。

リモートでの登場ですが、それぞれが製作したプロモーション・ビデオが紹介されます。

エピソード16:グランド・フィナーレ

新型コロナウイルスによりリモートとなった昨シーズンとは異なり、ロスアンゼルス市内の劇場で開催されました。ただし観客は入れず、一部がドライブインシアター形式でライブ・ビューイングされています。

勝ち抜き戦で、まずキャンディ・ミューズとロゼが闘い、ロゼが脱落します。

その後、ゴットミクとシモーンが闘い、ゴットミクが脱落

勝ったキャンディ・ミューズとシモーンの間で決選が行われ、シモーンがシーズン13の勝者に決定しました。

ちなみにミス・コンジニアリティーにはララ・リが選ばれています。

栄えある女王に選ばれたのは?

見事栄冠を勝ち取ったシモーンは、1995年1月15日生まれで2021年5月現在26歳。カリフォルニア州ロサンゼルス出身ですが、生まれはアーカンソー州コンウェーで、3人兄弟の末っ子です。

18歳からドラァグを始めました。現在はシーズン12のファイナリストとなったジジ・グッドらとともに、ファッションとポップ・カルチャーをテーマとする「ハウス・オブ・アヴァロン」の一員としても活動しています。

当初から、シーズン13の大本命でしたが、見事期待に応える形で優勝しました。エピソード9で披露した、黒人差別反対を主張した白いフェイク・レザーのドレスは、大きな話題をよびました。

『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン13がNetflixで配信開始!

日本での放送ですが、Netflixから配信予定の公式な発表がなく、ファンは待ち焦がれていました。

しかし、首を長くして待っていた方に朗報です。

2021年6月12日、ついにNetflixで全16エピソードが一挙に配信スタートしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました