And Just Like That 全話ネタバレあらすじとキャスト【セックスアンドザシティ新章】

And Just Like That セックス・アンド・ザ・シティ新章ドラマ

90年代から2000年代にかけて、社会現象を巻き起こすほどの人気を博した伝説のドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』。

ファン待望の、事実上の続編となる新作が『And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』です。

全米で2021年12月から2022年2月にかけて放送。日本でもU-NEXTで独占配信されている同ドラマ全10話あらすじと新キャストを、ネタバレありでご紹介します!

スポンサーリンク

『And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』とは?

ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(略してSATC)は、1998年6月から2004年2月まで、6つのシーズンに渡って放送されたほか、2008年と2010年に劇場版2作も公開された大ヒット作です。

ニューヨーク、マンハッタンに暮らす4人の女性の日常、恋と友情と仕事をスタイリッシュに描き、世界中に熱狂的なファンをうんでから早10年以上。待ちに待った新作『And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』では、50代となった彼女たちのその後が描かれます。

「and just like that」の意味は、直訳すると「そして、こんな風に」となり、転じて「あっけなく」と言う意味にもなります。その通り、予期せぬ事態が、突然キャリーたちを襲います。

本作では、LGBTQ多様性が、より重要なテーマになっているほか、次の3つの事実が、物語に大きな影響を与えています。

1. キャリー役サラ・ジェシカ・パーカーとサマンサ役キム・キャトラルの不仲
2. 本作の撮影中に、スタンフォード役ウィリー・ガーソンが急死
3. ビッグ役クリス・ノースに起こったセックス・スキャンダル

詳しくは、『セックス・アンド・ザ・シティ』主要登場人物を演じたキャスト18人のその後と現在についてまとめた下記の記事をご覧ください。

新たに登場する主要キャスト

①チェ/サラ・ラミレス

有名コメディアンで、キャリーが出演するポッドキャストのホストを務めているのがチェです。ノンバイナリーであり、ミランダの生き方に深い影響を与えることになります。

メキシコ系アメリカ人であるサラ・ラミレスは、2005年に、ミュージカル『スパマロット』でトニー賞最優秀助演女優賞に輝き、一躍注目されました。大ヒットドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のカリー・トーレス役も当たり役です。

離婚歴もありますが、2016年にバイセクシャルであることを告白。2020年には正式にノンバイナリーであることを公表しました。

②シーマ/サリタ・チョウドリー

不動産の仲介業をしているやり手のビジネスウーマンがシーマです。キャリーが自宅を売却する際に知り合い、意気投合して親しい友人になります。

演じているサリタ・チョウドリーは、ベンガル人の父とイギリス人の母を持つ、イギリス人女優です。1991年の映画『ミシシッピー・マサラ』でデビュー後、英米を中心に数多くの作品に出演している実力派として知られています。

有名どころでは、映画『レディ・イン・ザ・ウォーター』や『ハンガー・ゲーム FINAL』2部作、ドラマ『HOMELAND』や『ジェシカ・ジョーンズ』などがあります。

③リサ/ニコール・アリ・パーカー

シャーロットのママ友であると同時に、憧れのセレブでもある黒人女性がリサです。

ニコール・アリ・パーカーは、1995年公開の映画『2ガールズ』で注目され、その後はテレビドラマと映画の両方で活躍しています。

プライベートでは、一度短い結婚生活を送ったのち、ドラマで共演した俳優のボリス・コジョーと2005年に再婚。現在は一女一男の母でもあります。

④ナヤ・ウォレス/カレン・ピットマン

ミランダが社会人学生として通う、コロンビア大学の法律の教授がナヤ・ウォレスです。子どもに恵まれず、夫のアンドレと体外受精を試みています。

演じているカレン・ピットマンは、ミシシッピ生まれ、テネシー育ちのアメリカ人女優。リンカーンセンター製作による2012年の舞台『DISGRACED/ディスグレイスト-恥辱』のジョリー役で注目されました。その後は、ドラマ『ジ・アメリカンズ』や『ルーク・ケイジ』など、多数の作品に出演しています。

⑤ピーター/ジョン・テニー

ビッグに先立たれた後、キャリーが初めてデートする男性がピーターです。アプリで出会った教師であり、彼自身も妻をガンで亡くしたばかりです。

演じているジョン・テニーは、舞台俳優としてデビューし、ブロードウェイを中心にキャリアを重ねたのち、80年代終わり頃からテレビや映画に出演するようになりました。ドラマ『クローザー』で演じたFBI捜査官フリッツ・ハワード役が有名です。

女優のテリー・ハッチャーと結婚し、一女をもうけますが離婚。2012年にプロデューサーの女性と再婚しました。

⑥フランクリン/イヴァン・ヘルナンデス

最終話で急遽浮上するキャリーの恋の相手がフランクリンです。キャリーが出演しているポッドキャストのプロデューサーです。

サンフランシスコ生まれのイヴァン・ヘルナンデスは、『ゴシップガール』や『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』など人気ドラマにゲスト出演しているほか、『ディア・エヴァン・ハンセン』や『シカゴ』などブロードウェイの舞台にも立つ俳優です。

既婚で二人の娘がいます。



『And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』の全10話あらすじ<ネタバレ>

第1話「しあわせな日々」

50代となったキャリー、ミランダ、シャーロットが、昔と変わらずブランチのテーブルを囲み、それぞれの老化や子どもたちの話に興じる中、サマンサは不在。

サマンサは、出版不況でキャリーのPR契約を切られたことに怒り、ロンドンに行ってしまって絶縁状態なのです

シャーロットは、娘リリーのピアノ発表会に向けて張り切っているものの、次女ローズが反抗期の最中。ミランダはコロンビア大学の社会人学生になったものの、黒人教授ナヤに対し初日に失態。一方、キャリーはビッグと幸せな同棲生活を送りつつ、ポッドキャストに活動の場を移していましたが、なかなかノリについていけないことを、ホストのチェから叱咤され……。

そんな中、スタンフォードやアンソニーらもくわえ皆でリリーのピアノ発表会に出席しているとき、一人留守番をしていたビッグが心臓発作であっけなく急死してしまいます。

第2話「悲しみのブラックドレス」

悲しみに打ちひしがれながら、けなげにビッグにふさわしい葬儀をやり遂げたキャリー。絶縁したサマンサからもお花とカードが届きます。

シャーロットは、自分がピアノ発表会にキャリーを無理やり呼んだせいだと泣きじゃくり、ミランダはミランダで、葬儀の席で、チェをキャリーの関係者だとも知らず悪態をつく始末……。

そんな二人が交代で泊まりにきてくれますが、キャリーは一人眠れない夜を過ごします。

第3話「ひとりぼっちの私」

キャリーは、ポッドキャストの仕事をこなし、少しずつ日常を取り戻しつつある中、ビッグが前妻ナターシャにも遺産を残していたことを知り、ショックを受けます。

ビッグに秘密があったのではないかと気になり、ナターシャに会いたいとメールを送ってしまいますが、返事はなく、居留守も使われ……。

しかし、カフェでばったり再会。ナターシャからは、離婚以来会っていないこと、遺産を放棄するつもりだと告げられ、キャリーの取り越し苦労だったことが判明します。

シャーロットは、次女のローズから、自分を女子だと思ったことは一度もないと告白され、かたやミランダは、ノンバイナリーであるチェのコメディショーに感動し、急接近していくのでした。

第4話「新しい友人」

キャリーは、ビッグと暮らした家を売り、長年暮らした我が家に戻る決心をします。不動産業者のシーマから、売却するためにはインテリアを一新する必要があるときっぱり言われてしまいますが、その後はすっかり意気投合。

一方、シャーロットは、憧れのママ友リサを招いてホームパーティーを開催するため、さまざまな人種であるべきだと奔走。またミランダも、ナヤ教授と食事をし、すっかり打ち解けることに成功していました。

元の家に戻ったキャリーは、スタンフォードからの手紙を見つけます。仕事で突然、東京に行ってしまったらしく、しょげるアンソニーを慰めることに……。シーマとは、些細なことで口論になりますが、そのことでかえって心を許しあう仲になるのでした。

第5話「年寄りとは言わせない」

腰痛の件でシーマにすすめられて整形外科医を受診し、股関節の手術をうけることになったキャリー。みなで交代して、術後の介助をします。

シャーロットは娘のローズが学校で「ロック」と改名していることを知りショックを隠せず……。一方、シャーロットからアルコール依存を心配されていたミランダは、キャリーの家のキッチンで、お見舞いにきたチェとついに体の関係を持ってしまいます。

それを目撃したキャリーは激怒するものの、ミランダは今までの満たされない思いとチェとのセックスが人生で最高のものだったことを告白するのでした。



第6話「15年という価値」

心機一転、真っ白いインテリアの新しいアパートを購入したキャリーですが、もともとあまり気にいっていなかった上、設備の使い方がわからなくて一睡もできず……。その後、アンソニーにつきあって訪ねた美容整形医から、キャリー自身が、若返りの施術をすすめられてしまいます。

チェとのセックスが忘れられないミランダは、それをシャーロットにも告白して大喧嘩に。キャリーが間に入ってなんとか仲直りしたものの、ミランダはチェにお誘いのメールを送ってしまうのでした。

シーマの自宅のホームパーティーに参加したキャリーは、自分らしい強さを取り戻そうと、「キャリー」のチャームがついた懐かしいネックレスを再び身につけます。

第7話「希望を探して」

キャリーは、新作となる原稿を読んだ編集者から、読者に希望を与えるため、新しい相手とデートしてみることを提案されます。

チェからの返事がないミランダは、セックスレスの夫スティーブを久しぶりに誘いますがうまくいかず、一方、シャーロットも、夫のハリーとささいなことで口論になってしまいます。

キャリーは、アプリで出会った、やはり妻を亡くしたばかりの教師ピーターとデートするも、互いにみじめな結果に。それでも、リサ夫妻が主催するチャリティーオークションのパーティーで、キャリーとのデート権を競り落としてくれたのはピーターでした。

一方、パーティーでチェと再会したミランダは、再び関係を持ち、好きだという想いを告白します。

第8話「悩んで、迷って、恋をして」

チェがスピーチするLGBTQの集会に参加したミランダは、息子ブレディの姿を見つけて慌てて隠れてしまいます。ミランダが家族に内緒であることを知ったチェは、怒って離れていくのでした。

キャリーは、階下の深夜の騒音にいら立ち、シャーロットは、ハリーとことに及ぼうとしていたところをリリーに見られパニックに。

ミランダは、ついにスティーブにチェのことを話して離婚を切り出し、その足でチェのライブ先であるクリーブランドに向かいます。

第9話「人生の糸を手繰り寄せて」

娘の生理のために、親らしく一肌脱ぐシャーロット。チェの彼女となっても、どうやって付き合えばいいのかわからないミランダ。

一方、キャリーは、結局、ピーターとのデートを丁重に断ります。

ナヤが、ブルックリンに女性のためのシェルターをオープンするため、3人はもちろん、シーマやリサ、スティーブたちも、その手伝いにやってきます。自分は閉経したと思っていたシャーロットが、実はそうでなく……。

キャリーはスティーブと話し、その思いに胸を痛めつつ、再度ピーターに対し、デートに誘うメールを送ってみるのでした。

第10話(最終話)「それぞれの結末」

ピーターとの3度目のデートも結局、軽いキスだけで終わります。メールでのやりとりが再開していたサマンサからは褒められるものの……。

キャリーは、ビッグが怒っているのではないかという思いに囚われたばかりか、ビッグの兄から遺骨の埋葬のことを聞かれ、一周忌をパリで迎えることを思いつきます。

仕事でロサンゼルスに暮らすことになったチェから誘われ、一緒に行くことを決めたミランダ。一方、シャーロットは、トランスジェンダーのラビを見つけ、ローズの「ミツバ(ユダヤ教の成人式)」をなんとか無事終えます。

1人でパリにやってきたキャリーは、セーヌ川にビッグの遺灰をまくと、サマンサにメールし、翌日会う約束をします。ニューヨークに戻ったキャリーは、一人でポッドキャストの番組をスタート。また、誘ってくれたプロデューサーのフランクリンと急接近し、次なる恋の予感も……。

『And Just Like That…』のシーズン2はどうなる?

2022年3月、シーズン2が製作予定であることが発表されました。

実際、最終話では次の物語に繋がるかもしれない、さまざまな要素がちりばめられていました。

●サマンサは実際には登場しなかったものの、和解を示唆するメールのやりとり
●キャリーの新しい恋の予感
●サマンサが登場しなくても、サマンサ的なキャラクターのシーマという女性の存在が強調されており、4人めの女性になりうる可能性

シーズン2が実現しても、サマンサ役のキム・キャトラルは出演を頑なに拒否していると言われ、再登板する可能性は限りなく低いと言われています。

また、シーズン2の配信時期などについてもまだ不明です。

『And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』はU-NEXTで配信!

『And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』は、動画配信サイトのU-NEXTにおいて、独占見放題の形で配信されています。

また舞台裏をおさめたメイキング映像によるドキュメンタリーも同じく配信されており、あわせて視聴をおすすめします。

1か月の無料お試し期間もありますから、この機会に一度お試しになり、本ドラマを一気見してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました